シャーリング

シャーリングの写真
切断からプレス、そして曲げ(ベンダー)までを実施。
鉄、ステンレス、アルミ、銅、等、材質よって異なる特性を理解し、それぞれに合わせた施工を加減しつつ高精度な加工を実現します。

熟練の技があるからできるさまざまな加工

機械は大きいですが、アタリの感覚でかなり細かい材も加工することが可能。さまざまな工夫と応用を重ねることで、広範囲なカスタマイズもできますので、少量受注生産や多量な加工にも対応できます。
そのために怠らないのが細かい効率アップの工夫としっかりとした品質チェック。完成品のロットを細かく分けて、きちんとチェックしながら進行します。


ありとあらゆる工程を理解しているからできる

材質のよって異なる伸び率や固さ、それに対して最適なツールの選択等、音で聞き分け、場合によっては温度を触れて判断し、さらにはグラインダーの火花の色でさえ判断できるようになる必要があります。
また、金型の仕組み等についてもしっかりと理解していれば、工程途上の障害にもきちんと対応することが可能になります。

Staff Comment

岡 幸一(1991年入社)

山形屋という会社には、さまざまな分野の人がいるのが魅力ですね。経験値の高い人も多いので、そういった人たちがみんなでやればきっとなんでもできる。そして、いろいろな知恵が出てくるのが魅力と思います。私は未経験で入社しましたが、その後あらゆることをやりました。また、そういったいろいろなことができるのも山形屋の魅力だと思います。ですから、若い方たちにも是非長く務めて欲しいなと思います。
この仕事はとにかく、段取りを素早く正確に、良いものを作って同時に効率もアップするということなんですが、そのためには歩き方から気をつけるといいですね。キビキビと歩いていると、自然とそれが仕事にも反映するものです。若い頃から心がけてきました。

お問い合わせはこちら
最新情報一覧

2018:06:28:18:00:00 2018/06/28

山形屋ホームページがフルリニューアルしました。

読む